top of page

11達成を
CAPSULE SENSEが実現

​分娩間隔 約40日短縮

​牛農家様のお悩み

858001-removebg-preview.png

・1年1産を達成できていないため収益性が悪い

・牛の管理や監視が忙しくて休みが取れない
・発情、分娩検知機を衛生面を考え使いまわしたくない

その悩みをCAPSULE SENSEが解決します!!​

​選ばれる理由

1  牛農家様の収益性向上

発情検知、授精タイミングお知らせ機能により分娩間隔が短くなり収益が向上します。

2  スタッフの休みが増加

24時間365日あなたの代わりに監視、夜間の発情・分娩監視が必要なくなります。

3  使い回さない衛生面を考えた製品

装着タイプでなく付け替えの手間がないため、牛にも人にもストレスをかけない製品です。

​喜びの声

自分の時間と収益が増えたので満足しています

​01

​導入前の状況を教えて下さい

外出時や夜間は発情監視をしていなかったので発情を見逃すことが多かったです。

分娩に関しては分娩予定日が近づいてきたら分娩牛舎に移動させていました。なかなか産まないと敷料が汚れて交換しないといけなくなり、仕事が増えて大変でした。

02

CAPSULE SENSEを知ったきっかけを教えて下さい

​実証実験を岐阜県で実施していたので噂を聞いていました。使い回しをしない製品と聞いて興味を持っていました。

採用.jpg
分娩間隔 371日 → 333日 ​
1年1産割合 67% → 90% ​

岐阜県 繁殖和牛50頭飼養

大杉畜産 丹羽様

03

導入を決めた理由を教えて下さい

使い回しをしない発情・分娩検知機だったからです。検知機はもともと欲しかったのですが、付け替えはしたくなかったので買い控えていました。CAPSULE SENESを知ったときはこれだと思いました。

04

導入後の感想を教えて下さい

発情見逃しはなくなりました。種が付いていない牛はほとんどいません。​監視しなくていいので非常に楽ですし、自分の時間がすごく増えました。分娩に関しては、1日前通知が来た際に分娩牛舎へ移動させています。無駄がなくなって助かってます。

第2弾 お試しキャンペーン

子機を購入するだけで6か月間お試しできます。

​PRODUCT

​カプセル(子機)

本体費用と通信料を頂きます​

​無償貸出

​親機

子機投入治具_220527-removebg-preview.png

​無償貸出

​子機投入機

​本来なら合計20万円以上→今なら0円で貸出

​親機、子機投入機についてはお試し期間終了後返却頂きます

​※親機設置はお客様でお願いします。(ご希望があれば工事費用を別途見積)

​キャンペーンの概要

1.受付期間          2024/7/1~2024/9/30

2.参加方法          キャンペーンのお申し込みより参加ください

​3.当選者選出      毎月10名程度、抽選を行い選出します

4.注意事項          応募は1農家1回までとします

​5.キャンペーンの流れ

​お申込み

​お見積り

​ご購入

​使用開始

​6.キャンペーン終了後

​継続使用を希望する場合

​→親機、子機投入機を購入して頂きます。

​継続使用を希望されない場合​

→親機、子機投入機を返却頂き終了となります。

製品の概要

CAPSULE SENSEとは何か・・

​温度・加速度センサーを内蔵したカプセル

胃の中に投入することで

体温・活動量を常時モニタリング

24時間365日あなたに代わって見守り

データを解析することであなたに

​発情・分娩する牛を知らせます

胃内修正.png
牛アプリ修正.png

​体温​

​活動量​

​発情検知​

IMG_1419_edited.jpg

​最適な授精

タイミングを​​

お知らせ

1年1産を達成するために・・

​出来ること​​

・体温、活動量の上昇から発情兆候を検知

・最適な授精(AI)タイミングをお知らせ​

​効果

・監視労力の低減

・発情見逃しの低減

・受胎率のUP

​他社製品比較表
図2.png

CAPSULE SENSEは膣タイプと比べて発情や疾病の検知が可能であり、さらに牛にストレスを与えずに使用することができるため、使い勝手も良いと評判です

​資料のダウンロード

​​資料の一部分をお見せします。

スライド1_edited.jpg

詳しい機能と効果

1頭当たりの概算費用

​他社製品との比較

​弊社製品の優位点

スライド2.PNG

入力ありがとうございます。ここをクリックして資料をダウンロード

​補助金実績​

CAPSULE SENSEは補助金活用の実績があります​

​・畜産ICT補助金 補助率    50%
​・県補助金      補助率 50%

上記補助金の活用可否についてはお近くの機関にご確認下さい。​​​

bottom of page